抑えられない食欲のために、肥満気味になってしまっている方も、肥満を予防するために食欲抑制剤がオススメされています。食欲がなくなれば食べるのを我慢するというストレスはないはずなので、スムーズにダイエットする事ができますから、試してみましょう。

しびれやむくみなどの症状が出たら服用をやめる

海外の薬には色々なものがあって、食欲を抑制する薬や油を排出する薬など、本当に数多くのダイエット薬が存在しています。

今一番人気があるのはゼニカルという肥満治療薬で、医療機関では重度の肥満の方に処方する薬なんですが、ダイエットを目的とする方に安易に処方する事はないので、この薬をダイエットに使いたいという方は個人輸入していただく事になります。

モチロン、肥満の方は医療機関を受診してもいいのですが、海外からの個人輸入ならジェネリック医薬品もかなりお安く購入できるので、自分で購入する方がお得です。

安全性に対する不安の声

海外から薬を輸入して服用するという事に不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
日本のドラッグストアで購入する事ができない物なので、輸入していただく事になるんですが、ゼニカルは長期服用も可能な薬ですので、正しく服用していただければ、問題なく痩せる事ができます。

薬は飲み続けると腎臓や肝臓に悪影響を与えてしまうという事もあるのですが、いつもと違う症状が現れた場合はしっかりと医師に相談していただくことが大切です。
呼吸がしづらくなったり、痺れやむくみという症状が出る場合もありますので、排便以外の症状が出た時は服用を中止しましょう。